歯ぎしりの原因と対策

 

 

歯ぎしりとは?

歯ぎしりとは、自分では無意識のうちに寝ている時に歯をカチカチと合わせてしまう症状のことを指し、ブラキシズム(口腔内悪習慣)とも呼ばれております。

 

「朝起きた時に歯茎が痛む」「歯ぎしりを誰かに指摘された」という方は、口の中に悪習慣があると言っても過言ではありません。

 

引き起こされる症状に幾らかの違いは生じているのですが、歯にヒビが入ったり周りの骨を溶かしたりと、歯周病を悪化させる大きな原因ともなるので、早めに対処していかなければならないのです。

 

「ただ歯を合わせるだけだからそこまで悪影響はない」と考える方はいらっしゃるものの、一晩の歯ぎしりは一生分の咀嚼に匹敵するほど、歯や顎といった部位にダメージを与えてしまいます。

 

そこで、このサイトでは、歯ぎしりの原因と対策について詳しく記載しているので、何か不安なことがあるという方は、一度チェックしてみてください。


ストレスが原因の歯ぎしり

歯ぎしりの原因は未だに解明されていない部分もあるのですが、ストレスが最大の敵なのではないかと考えられております。

 

私たちは生きている中で「楽しい」と感じたり、「辛い」と思ったりと、様々なストレスを受けているのです。

 

「楽しい」という正のストレスであれば悪影響はないものの、「苦しい」「辛い」という負のストレスを感じると、それを排除するために色々な行動を起こすようになります。

 

その行動の一つが歯ぎしりで、日常生活で感じたストレスを発散させるために、ガチガチやギリギリといった歯ぎしりが寝ている時に生じるという仕組みです。

 

自分の趣味を見つけてリフレッシュしたり、ウォーキングといった運動を心掛けたりしていれば、ストレスが溜まるということはないでしょう。

 

しかし、日頃の生活で上手く発散できていないという方は、歯ぎしりが引き起こされる原因となるので、ストレスを和らげるような工夫をしなければならないというわけです。


喫煙や飲酒が原因の歯ぎしり

喫煙や飲酒の習慣があるという方は、行き過ぎた行為が原因で歯ぎしりが睡眠中に引き起こされることがあります。

 

歯ぎしりの直接的な原因とは言いがたいのですが、適量であればまだしも大量にお酒を飲んでいたり、常にタバコを吸っているような方は、症状が悪化しやすいのです。

 

それに、ストレスが溜まっているという方ほど、それを解消するために喫煙や飲酒に頼りがちだと説明できます。

 

そして、お酒やタバコだけでは毎日のストレスを解消することができず、上記でご説明したようにストレスが起因となって無意識のうちに歯ぎしりが生じるという仕組みです。


顎の筋肉のアンバランスが原因の歯ぎしり

顎の筋肉のアンバランスが原因で、歯ぎしりが引き起こされるとも考えられております。

 

「虫歯を治療しておらず痛みがある」「歯が抜けていることで噛み合わせが悪い」「ブリッジの高さが合っていない」というような原因で、歯ぎしりや食いしばりの症状が悪化しやすいのです。

 

噛み合わせが原因の歯ぎしりは、科学的根拠(エビデンス)はないと説明している専門家の方もいらっしゃるものの、歯ぎしりは口の中で引き起こされている症状なので、全く関係性がないとは言い切れません。

 

口内が原因で顎の筋肉にアンバランスが生じている場合、自然に症状が改善されるということは基本的にないので、歯医者に行って診察を受けるのがベストです。


歯ぎしりの対策について

歯と歯を上下に擦り合わせたり、強い力で噛み締めたりと、個人によって歯ぎしりの症状には違いが生じているものの、どのような症状でもきちんと対策を行う必要があります。

 

短期間だけの症状であればまだしも、毎日のように歯ぎしりが引き起こされているような方は、着実に歯のエナメル質にダメージが加わっており、歯の周りの骨が異常に突出する外骨腫といった病気を患うこともあるのです。

 

そこで、歯ぎしりの対策としては、まずはストレスを解消するということが大事で、自分の生活を今一度見直してみた方が良いでしょう。

 

今までは何ともなかったのにも関わらず、急に歯ぎしりの症状が現れたという方は、ストレスが原因の可能性が高く、仕事や家族問題、身近な人の死など、私たちは肉体的や精神的なストレスを常に感じております。

 

ストレスを感じること自体は何も悪くありませんが、それを上手く発散できていなければ少しずつ溜まっていって、歯ぎしりといった症状を引き起こすのです。

 

それに、ストレスは他の病気の引き金になるというケースも少なくないので、お風呂に入ってリラックスしたり自分の趣味に費やす時間を作ったりして、上手く発散させるという対策を行うのが適しております。

 

それでも、思うように歯ぎしりの症状が改善されない場合はあるので、睡眠時にボクサーの方が装着するマウスピースをはめるスプリント療法が良いかもしれません。

 

スプリント療法も実際に病院で行われている歯ぎしりの対策の一つとなっており、上下の歯が当たらないようにすることで、削れやダメージを防げるというメリットがあります。

 

歯科医院や口腔外科では、健康保険の範囲内でこの治療を受けることができるので、あまりにも症状が酷いと指摘された方は一度受診してみるべきです。

 

直接身体に対して行う対策ではなく、メンタル面が原因で歯ぎしりが酷くなっているのであれば、心療内科でカウンセリングを受け、何かしらのアドバイスをもらった方が良いでしょう。

 

悩みや不安などが解消されたことにより、歯ぎしりの症状もおさまっていったというケースは少なくないので、歯科医院や心療内科など、早めに専門医の診察を受けてみてください。