歯ぎしりを病院で

 

 

歯ぎしりを病院で改善しよう

歯ぎしりは歯並びの悪さやストレスが原因で引き起こされていると考えられており、睡眠中に生じる歯ぎしりによって歯にダメージが加わり、知覚過敏といった症状に繋がるので注意が必要となります。

 

ストレスを発散させれば症状の悪化を食い止めることができるものの、直ぐに変化が生じるわけではないので、病院で治療を受けていくのも選択肢の一つです。

 

「歯ぎしりの治療はどの病院で受ければ良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、基本的は歯科医院や口腔外科を受診するのが最適となっております。

 

歯科医院での歯ぎしりの治療は、スプリントと言うマウスピースが使われており、睡眠中にこのグッズを装着することによって歯や顎へのダメージを防ぎ、引き起こされる悪影響を少なくさせられるのです。

 

病院では自分専用のマウスピースを作成してくれるため、「口のサイズに合わない」「口に違和感を感じて眠れない」「起床したら外れている」という心配はありません。

 

定期的に歯科医院に通院して自分のマウスピースを作ってもらい、これを装着して歯ぎしりの症状にどのような変化がなされるのか経過報告して、治療をしていくという流れになっております。

 

マウスピースは保険が適用されるというクリニックが多いため、5,000円程度の費用で歯ぎしりの治療を受けることができますし、ストレスに対してどのような対処をしていけば良いのかというアドバイスもくれるはずです。

 

また、歯科医院といった病院では、噛み合わせの悪さが原因で歯ぎしりが引き起こされているということで、歯を削って噛み合わせを調節するような治療が実施されております。

 

しかし、噛み合わせは歯の凸凹だけではなく、筋肉の緊張状態によっても変化しますし、削ったからといって絶対に歯ぎしりが抑えられるというわけではないので、安易にこのような治療を受けないように注意しましょう。

 

もし、歯ぎしりによって顎に大きな負荷が加わり、顎関節症といった病気を患っているのであれば、口腔外科といった病院で診察を受けることをおすすめします。

 

口が大きく開かないという顎関節症だけではなく、歯に起因する炎症や口内の粘膜が赤く腫れる口内炎、頬や舌にイボのようなものが形成される良性腫瘍を患っているのであれば、お近くの口腔外科で施術を受けるべきです。

 

普通の歯医者と口腔外科は、そこまで大きな違いがあるというわけではありませんが、歯ぎしりは口内への悪影響だけではなく、顎や顔面にも思わしくない症状が現れるかもしれないので、後者の病院を受診した方が良いかもしれません。

 

どちらにしても、病院では歯ぎしりを改善するための治療が行われており、自分の力だけではどうしようもできないという場合は、専門医の力を借りるべきです。

 

もちろん、歯ぎしりの発生自体を食い止めたいというのであれば、マウスピースの装着では少々限界があるので、普段からストレスを溜め込まないように、上手に発散させるようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりを病院で」に関するページ