歯ぎしりを歯医者で

 

 

歯ぎしりを歯医者で改善しよう

「歯ぎしりが煩くて眠れない」と一緒に寝ている家族や恋人に指摘され、自分では意識できないということで、どのように治せば良いのか悩んでいるという方は多くいらっしゃいます。

 

確かに、歯ぎしりは無意識のうちに引き起こされている症状なので、改善のしようがないと感じるかもしれませんが、歯医者で治療を受けることによって治る場合があるのです。

 

口腔内の異常なので、基本的にどの歯医者でも歯ぎしりの治療を受けることができますし、保険適用のクリニックが多いため、莫大な費用が掛かるという心配は全くありません。

 

一概には説明できないものの、ブリッジやクラウンといった詰め物が噛み合わせに合っていなかったり、抜歯した箇所をそのままにしたりしていると、歯ぎしりの症状が悪化しやすいと考えられているため、歯医者で施術を受ける余地は大いにあるというわけです。

 

また、歯医者では噛み合わせの治療と平行して、歯や顎への負担を少しでも軽減させるためにマウスピースを使った治療が実施されております。

 

ナイトガード治療やスプリント治療とも呼ばれているこの方法は、寝ている時にマウスピースを装着することにより、歯と歯が接触するような症状を未然に防いでくれるのです。

 

マウスピースを装着していれば、仮に歯ぎしりが引き起こされていたとしても、噛み合わせによるダメージを吸収してくれるので、歯や顎へ負荷が加わることはないでしょう。

 

人工歯が割れたり、歯の表面のエナメル質が削れて知覚過敏になったりするのを防いでくれるので、直ぐにでも歯ぎしりによる悪影響を防ぎたいというのであれば、マウスピースの着用が適しております。

 

歯医者では自分の口のサイズに合ったマウスピースを作成してくれるため、寝ている時に違和感を感じて快眠が阻害されるという心配は基本的にないはずです。

 

とは言え、歯医者でマウスピースを作ってもらい、寝ている時に装着したとしても、歯ぎしり自体を解消できるわけではないということを、きちんと頭に入れておかなければなりません。

 

気が付いたら自然に歯ぎしりの症状が回復しているという可能性は十分にありますが、基本的にはストレスを解消していくことを一番に考えなければならないのです。

 

それでも、歯医者での治療によって、少しでも歯ぎしりをなくすことができるかもしれないので、自宅でのケアに限界を感じたのであれば、受診する価値は大いにあります。

 

既に、虫歯や歯周病といった歯の病気を患っているのであれば、歯ぎしりによるダメージによって症状が悪化するかもしれないので、面倒くさがらずにきちんと歯医者で治療を受けてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりを病院で」に関するページ