歯ぎしりとインプラント

 

 

歯ぎしりとインプラントについて

インプラントとは、治療によって歯が抜けたところにフィクスチャーと呼ばれるネジを打ち込み、人工の歯を装着する施術の一つで、歯科医院で行われております。

 

差し歯やブリッジよりも審美的、そして機能的に優れた治療法ということで、インプラントを選択するという方は多くいらっしゃいますが、歯ぎしりが引き起こされているという方は注意が必要です。

 

歯ぎしりは寝ている間に歯と歯を擦り合わせたり、ギリギリと横にずらしたりする症状のことを指し、想像している以上に大きな力が加わっているため、インプラントにも悪影響を与えてしまいます。

 

普通に生活している分にはネジが緩んだり、歯自体がグラグラしたりすることはないものの、歯ぎしりによる力が長期間に渡って加わっていれば、思わぬトラブルが引き起こされることもあるでしょう。

 

また、抜けた歯にインプラントを歯科医院で行い、そのせいで噛み合わせに悪影響が生じ、歯ぎしりが引き起こされるようになったという方はいらっしゃいます。

 

これは、差し歯やブリッジといった治療にも同じように言えることで、歯科医師の技術が足りない場合、噛み合わせに異常が生じてしまうというわけです。

 

このようなトラブルを少しでも防ぐためにも、クリニック選びは慎重に行わなければなりませんし、信頼できる医師を探して施術を受けなければなりません。

 

もし、インプラントによって噛み合わせが悪くなってしまったのであれば、もう一度歯科医院を受診して上手く調整してもらうのが適しております。

 

親切なクリニックであれば、新たに大きな費用が掛かることはないはずですし、自分の歯の代わりとなる重要な存在なので、気になることは直ぐに医師に相談した方が良いのです。

 

そして、既に歯ぎしりの症状が悪化しているという方は、インプラントのネジが緩んだり人工歯が欠けるというトラブルが引き起こされる可能性が高いので、歯ぎしりを解消する対策を行っていく必要があります。

 

歯ぎしりをしている人は、そうでない人と比べて、インプラントを失いやすいというデータが出ているのです。

 

天然の歯であれば歯根膜というクッションの役割を果たしている部分が存在しており、多少の歯ぎしりが引き起こされていたとしても、噛む力をコントロールしてくれるので、大きな悪影響が生じるということは少ないでしょう。

 

歯ぎしりによってエナメル質が削れて、冷たい飲み物で歯がしみるという知覚過敏になったとしても、だんだんとグラグラとしてきて抜け落ちるという心配はほとんどないのです。

 

しかし、歯科医院で行われているインプラントの場合は、衝撃を吸収する歯根膜がなく、歯ぎしりによる力が直接加わってしまうので、失いやすくなっていると説明できます。

 

歯ぎしり自体を和らげたいというのであれば、精神的なストレスを解消するという方法が一番なので、普段の生活でリフレッシュを心掛けるようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりを病院で」に関するページ