歯ぎしりとプレート

 

 

歯ぎしりとプレートについて

歯ぎしりによる悪影響を少しでも防ぎたいというのであれば、マウスピースやプレートといった歯ぎしり防止装置を使用するというのが選択肢の一つとなっております。

 

特に、歯科医院ではナイトガードというプラスチック製の薄いプレートの着用が勧められており、歯や顎へのダメージを軽減してくれるのです。

 

睡眠中に引き起こされる歯ぎしりは、予想以上に大きな力が加わっており、噛む力が強いことによって歯が擦り減ったり、楔状欠損が生じたりと、様々なトラブルに繋がる可能性があります。

 

しかし、寝る前にプレートを装着することによって、歯ぎしりや食いしばりを行ったとしても、歯よりもナイトガードの方が柔らかく、歯の擦り減りを防止してくれるのです。

 

それに、プレート全体で噛む力を受け止めるために、1点への力の集中を避けて力が分散するというのも大きなメリットかもしれません。

 

大それた器具を装着しなければならないというわけではありませんし、クリニックによって違いが生じているものの、個人の歯型を取ってオーダーメイドでプレートを作り、保険が適用されるので大きな費用が掛からないのです。

 

破壊的に働く歯ぎしりの力を、身体にとってより良い方向へと誘ってくれるのがプレートで、自律神経のバランス調整機能を与えれば、歯ぎしりの症状を緩和させるとともに頭痛や肩こりといった症状の改善にも繋がります。

 

歯科医院で歯を削って噛み合わせの矯正を無理矢理行う必要はなく、プレートの装着によって歯ぎしりによるダメージを防げれば、身体全体の健康に繋がるので試す価値は大いにあるというわけです。

 

このプレートは、歯科医院によっては「ナイトガード」や「良眠プレート」などと呼ばれておりますが、基本的に歯や顎を守ってくれるグッズということには変わりないでしょう。

 

プレートを寝る前に装着して、歯と歯が接触するという状態を防げば、「ギリギリ」「ギシギシ」「カチカチ」といった音は発生しなくなるので、一緒に寝ているベッドパートナーを不快な気分にさせることはなくなります。

 

以上の説明を聞いていると、プレートが素晴らしいグッズだと感じるかもしれませんが、人によっては装着によって快眠が阻害され、イライラ感が溜まる場合があるので注意しなければならないのです。

 

口の中に器具を挿入するわけですから、違和感が生じるのは当たり前ですし、自分の歯型にピッタリとフィットしていたとしても、通常の状態よりも変な感じになるかもしれません。

 

ストレスが溜まることで歯ぎしりの症状は悪化していくかもしれないので、プレートを装着するとともに、普段の生活でストレスを和らげられるような対策を行うようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりの治療」に関するページ