歯ぎしりとスプリント

 

 

歯ぎしりとスプリントについて

歯ぎしりを抑えるための治療法は幾つか存在しており、その一つがスプリント療法となっております。

 

歯と歯が積極してダメージを受けないように、就寝前に口の中にマウスピースといった器具を着用するのがスプリント療法で、歯の磨り減りを防ぐことができるのです。

 

マウスピースを装着して眠れば、顎に掛かる負荷も抑えられるため、歯ぎしりによって引き起こされる可能性が高い顎関節症の予防にも繋がります。

 

また、歯ぎしりの予防ではなく、実際に顎関節症を患ってしまったという方にもスプリント療法は採用されており、歯の噛み合わせが原因の場合は歯の干渉を減らす目的に使われているのです。

 

スプリントは1種類というわけではなく、取り外し型や金具を用いるタイプ、装着型というように幾つかの種類に分けられており、形状や大きさにも違いが生じているので、専門医が個人に合ったものを選択して治療していくのが一般的だと言えるでしょう。

 

それに、素材に関しても金属製や樹脂製、ミニスプリントなど幾つかの種類が存在しており、金属アレルギーを持っているという方は不快な症状が引き起こされないように、事前に医師に告げるべきです。

 

クリニックでスプリント治療を受ける場合、「レントゲンやアンケートなどによる初診審査」→「歯型の分析」→「装置を作るためのスプリントの型どり」→「約2週間に1度のペースでのスプリントの調整」という流れになっております。

 

一度自分に合ったマウスピースを作ってもらって終わりというわけではなく、小まめに経過を診てもらうことが大事ですし、そう簡単に歯ぎしりの症状を抑えることはできないのです。

 

もし、レントゲン検査によって虫歯や歯周病が見つかったというのであれば、歯ぎしりでこれらの歯の病気が悪化しないように、スプリント療法を行う前に歯の治療を行っていきます。

 

以上のように、歯科医院であれば個人に合った歯ぎしりの治療を受けることができるので、症状を早めに改善させることができるかもしれません。

 

もし、軽度の症状で自宅で改善していきたいというのであれば、「噛みんグ〜(いびき・歯ぎしり防止にスリープスプリント)」といったグッズを通販で購入するという方法があります。

 

歯科医院で作ってもらうスプリントのような大きな効果は得られないものの、歯ぎしりやいびき、睡眠時無呼吸などを予防できるグッズですし、寝姿勢が良くなるので安眠や快眠に繋がるというメリットも持ち合わせているのです。

 

ただし、このような器具で歯ぎしり自体を抑えられるというわけではなく、あくまでも歯や顎に加わるダメージを抑えることしかできないと頭に入れておかなければなりません。

 

特に歯ぎしりは、肉体的な疲れや精神的なストレスが引き金になっているケースが多いので、グッズの使用だけに頼るのではなく、自分の日常生活の見直しも同時に行うようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりの治療」に関するページ