歯ぎしりのデメリット

 

 

歯ぎしりのデメリットについて

このページでは、歯ぎしりを行うことによって、どのようなデメリットがあるのか詳しく説明しております。

 

子供の時は成長の過程で引き起こされていた症状でも、大人になって引き起こされた場合は注意が必要だと認識しておくべきです。


歯に大きなダメージが加わる

歯ぎしりによって、歯に大きな力が睡眠中に加わり、ダメージが引き起こされるのが最大のデメリットだと説明できます。

 

寝ている間に歯ぎしりを行うことによって、歯と歯が長時間に渡って擦れるため、知らず知らずのうちに磨り減っていたり、欠けてしまったりという状態に陥ってしまうのです。

 

もし、歯の一部分が削れた場合、冷たい飲み物を飲んだ時に歯がしみる知覚過敏が生じ、風が吹いただけでも痛みが生じたり、美味しい食べ物を味わえなくなったりと、大きなストレスが溜まっていきます。

 

歯ぎしりはストレスの増幅によって症状が悪化すると考えられており、知覚過敏によるストレスが更に症状を悪化させ、歯へのダメージが蓄積されるという負のスパイラルに陥るかもしれないので注意しなければなりません。

 

それに、虫歯や歯周病といった歯の病気を患っているという方は、歯ぎしりによるダメージによって症状が進行しやすいとも考えられており、歯がぐらつきやすくなって抜けてしまうこともあります。

 

歯をカチカチと合わせるタイプではなく、強く噛み締めるタイプの症状の方は、より強い力が加わっている可能性が高いので早めに改善しなければならないのです。


顎に大きなダメージが加わる

歯だけではなく、顎に大きなダメージが加わるというのも、歯ぎしりのデメリットの一つとなっております。

 

寝ている間に歯をギュっと噛み締めるようなタイプの歯ぎしりが引き起こされている方は、寝ている時に顎に負荷が加わり、顎に痛みを感じたり口を開けられなくなる顎関節症として症状が悪化することもあるのです。

 

骨が変形すれば口を上手に開けられなくなりますし、食べ物を食べにくくなれば日常生活に大きな支障が出るということは間違いないでしょう。

 

病院へ行けば、顎関節症を治すための治療を受けることができますが、歯ぎしりが睡眠中に引き起こされていては意味がないので、なるべく症状を抑えるような対策を練らなければならないのです。

 

歯ぎしりは根本的に改善しなければならないのですが、顎への負担を一時的に避けたいというのであれば、睡眠中にマウスガードを装着するのが良いかもしれません。


ベッドパートナーに迷惑が掛かる

ベッドパートナーに迷惑が掛かるというのも、歯ぎしりのデメリットの一つです。

 

自分では無意識に引き起こされているため、どのような音が出ているのか分からなくても、周りで寝ている人からすれば、カチカチやギリギリといった音は不快に感じます。

 

毎晩のように歯ぎしりで眠りを阻害されていたら、ベッドパートナーのストレスも増幅してしまうため、他の人に迷惑を掛けないためにも症状を抑える努力をしていかなければならないのです。

 

それに、歯ぎしりをしている本人の眠りの質も、低下傾向にあると考えられているので、快眠を得るためにも歯ぎしりの症状を和らげるようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりのデメリット」に関するページ