歯ぎしりとダイエット

 

 

歯ぎしりとダイエットについて

歯ぎしりとダイエットには直接的な関係性はないものの、ストレスには注意が必要となります。

 

歯ぎしりが引き起こされている方は、過度の精神的なストレスが加わっていることが多く、そのような状態で無理なダイエットを行うのは危険なのです。

 

女性の方であれば理想の体型を維持するためにダイエットは欠かせない行為の一つなのですが、無理な食事制限を行っていると、心身ともに大きな負荷が掛かってしまいます。

 

ストレスを抱え込んだ状態ではダイエットを成功させることはできないですし、歯ぎしりの症状も更に重くなるかもしれないので、身体に負担が掛からない方法を探さなければなりません。

 

確かに、食事制限を伴ったダイエットは最も効果が高いのですが、「炭水化物を一切食べない」「肉類は絶対に口の中に入れない」という無理なダイエットをしていると、リバウンドで更に体重が増えてしまう可能性があります。

 

短期間で体重を落とすことができたとしても、その結果リバウンドしてしまっては全く意味がないので、もっと安全な方法を探さなければならないというわけです。

 

短期間で大幅に減量しようとすると、人間の身体に備わった摂理に反し、健康被害に悩まされるかもしれないので、1ヶ月で1kg〜2kg程度の減量を目安にした方が良いでしょう。

 

ゆっくりと理想の体重を目指すためにダイエットを行っていれば、過度のストレスが溜まるという心配はありませんし、歯ぎしりの症状が重くなることもないはずです。

 

寝ている時に歯ぎしりが激しいという方は、知らず知らずの間に歯や顎に大きな負荷が加わっており、そのダメージによって歯がしみる知覚過敏や顎に痛みが生じる顎関節症といった病気を患いやすくなります。

 

全ての原因がストレスというわけではありませんが、寝ている時にイライラを解消させるための手段が歯ぎしりだと考えられているので、普段の生活でストレスを解消できるような対策を行わなければなりません。

 

そして、ダイエットの方法の見直しも必要で、1日に30分間程度のウォーキングや数分間程度の腹筋運動など、有酸素運動を取り入れるとともに、食事量を少し減らすような工夫を行えば、安全に痩せていくことができます。

 

また、ダイエットを行うに当たって、少し食べ過ぎてしまったり運動をサボったりしてしまっても、神経質になり過ぎないことがポイントです。

 

1日や2日程度サボったとしても、急激に体重が増えるということはありませんし、気楽に楽しみながらダイエットを続けていくことが大事なので、あまり真剣に取り組みすぎないようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりのデメリット」に関するページ