歯ぎしりと象牙質

 

 

歯ぎしりと象牙質について

硬い食べ物を食べた際に「キーン」や「ズキ」っとした歯の痛みを訴える方は意外と多く、これは歯ぎしりによって象牙質がむき出しになった可能性が高くなっております。

 

歯周病といった原因で引き起こされることもあるため、必ずしも歯ぎしりが原因というわけではないのですが、歯に過度な圧力が加わることによって表面のエナメル質が擦り減り、その奥の象牙質がむき出しになることで歯がしみる知覚過敏が生じるのです。

 

知覚過敏になると、冷たい飲み物を飲むだけで歯に痛みが生じるようになり、日常生活にも悪影響だと言えるので、早めに改善していかなければなりません。

 

短期間では大きな悪影響はないとしても、長期的に歯ぎしりが引き起こされていれば、象牙質がむき出しになる可能性は十分にあるので、何かしらの対策を行う必要があります。

 

最近の学説では、睡眠中の歯ぎしりは歯を食いしばることによってストレスを解消しようとしているのではないかと考えられており、実際に歯ぎしりの多い人はストレスを溜め込んでいるというケースが非常に多いのです。

 

ストレスを受けること自体は仕方がないとしても、それを普段の生活で上手く発散できていないことに問題があるので、歯ぎしりが酷い方は自分の生活習慣を見直した方が良いでしょう。

 

プライベートでの人間関係や、職場でのパワハラやセクハラなど、私たちがストレスを感じるポイントは幾つも存在しております。

 

そのストレスを放置することで歯ぎしりの症状が酷くなり、象牙質がむき出しになって知覚過敏といった症状へと発展していくので、毎日の生活でリラックスを心掛けなければならないのです。

 

また、歯ぎしりだけではなく、硬い歯ブラシでのブラッシングなどによって歯のエナメル質が擦り減り、象牙質が露出して痛みが生じることも十分にあり得ます。

 

歯の痛みは一度引き起こされたとしても、放置することで自然とおさまっていることが多く、「気にする必要はない」と考える方が非常にたくさんいらっしゃるのです。

 

しかし、普通に生活していてエナメル質が自然と修復されるケースは少ないですし、一度知覚過敏に陥ると痛みが継続する可能性が高いので、少しでも自分の歯に異常を感じたのであれば、歯科医院を受診して症状を診てもらった方が良いかもしれません。

 

仮に知覚過敏が引き起こされていなかったとしても、虫歯や歯周病など別の異常が見つかるかもしれないですし、歯科医院へと頻繁に訪れる方はいないので、定期的に受診することが大事なのです。

 

親切なクリニックであれば、保険適応内で歯垢や歯石の除去を同時に行ってくれるはずなので、歯の健康をきちんと考えるようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりのデメリット」に関するページ