歯ぎしりで激痛が引き起こされることはあるの?

 

 

歯ぎしりで激痛が引き起こされることはあるの?

睡眠中の歯ぎしりで激痛が引き起こされることがあるのかどうか、疑問を抱えているという方はいらっしゃいます。

 

歯ぎしりは個人の症状によって異なるので一概には説明できないものの、身動きができないくらいの激痛で悩まされ、歯医者へと飛び込んだという方は意外と多いのです。

 

睡眠中は自分の意識で力をコントロールすることができず、歯ぎしりによって大きな力が歯や歯茎に加わります。

 

歯が揺さぶられて噛んだ時に痛みが生じますし、長期間に渡って続いていれば歯が磨り減ってヒビが入り、激痛の原因となるのです。

 

生理現象の一つとして歯ぎしりは誰にでも同じように引き起こされる可能性がありますが、食いしばっている時間が長い方やその回数が多いという方は上下左右の奥歯に悪影響が生じます。

 

気付かない歯ぎしりで約7割の日本人が歯を悪くしているというデータが出ており、早急に改善しなければならない症状だと言えるのではないでしょうか。

 

恐らく、歯ぎしり自体で激痛が走るのではなく、歯ぎしりのクセによって歯が磨り減り、冷たいものや甘いものを食べた時に感じる知覚過敏によって痛みが出ていると考えられます。

 

虫歯や歯の神経の炎症によって引き起こされることもあるのが知覚過敏で、重度の症状の方は風が当たっただけで耐えられないほどの激痛を感じるのです。

 

睡眠中の歯ぎしりは起きている時や食事の際に生じる歯ぎしりと比べ、何倍もの力で擦り合わせているため、知覚過敏の症状を悪化させないためにも早めに歯ぎしりのクセを克服しなければなりません。

 

「虫歯ではないから自然と治る」と放置していると、歯の付け根がえぐれたアブフラクションという状態になり、飲み物を飲むだけで激痛が走るようになります。

 

このような状態では日常生活に支障が出るはずなので、まずは知覚過敏を治療することから始めましょう。

 

歯科医院で知覚過敏と診断された際に選択されることの多い治療法が薬剤の塗布で、フッ化物が配合された薬や象牙質をカバーするコーティング材など、医師の判断によって異なります。

 

市販で販売されている知覚過敏用歯磨き粉よりも大きな効果が得られますし、激痛の状態をいち早く改善するためにも歯医者を訪れた方が良いということはお分かり頂けるはずです。

 

もちろん、知覚過敏が治っても歯ぎしりのクセを解消しなければ、一定期間が経った後に同じような症状で悩まされるかもしれないので、歯科医師にどのような対策を練れば良いのか伺ってみてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりに関する疑問」のページ