歯ぎしりとナイトガード

 

 

歯ぎしりとナイトガードについて

歯ぎしりによる悪影響を防ぐためのグッズの一つがナイトガードで、これはマウスピースのようなものとなっております。

 

歯ぎしりを直接的に防止してくれるグッズというわけではありませんが、歯ぎしりによって加わる力をナイトガードが吸収してくれるので、歯や顎に加わるダメージを減らせるというわけです。

 

睡眠中に引き起こされる歯ぎしりは、私たちが想像している以上に大きな力が加わっており、その影響で歯周組織が破壊されたり、顎関節症といった病気を患ったりします。

 

意外と歯ぎしりは危険な症状だと説明できるので、これらの病気を未然に防ぐためにも、歯科医院でナイトガードを作ってもらった方が良いでしょう。

 

万が一、歯を割ってしまうような力が歯ぎしりによって加わったとしても、ナイトガードが犠牲になってくれるため、歯や顎への衝撃はかなり少なくて済みます。

 

歯ぎしり防止グッズは通販でも色々な種類が販売されているものの、歯科医院で自分の口のサイズに合ったナイトガードを作ってもらえば、睡眠中に違和感を感じることはなくなるはずです。

 

ナイトガードの装着方法は実に簡単で、寝る前に歯磨きを行って口内を清潔にして、歯で咬み合わせるのではなく、手を使って装着していきます。

 

この際に、しっかりとフィットさせておかないと、寝ている間に無意識のうちに外れてしまうことがあり、歯ぎしりによるダメージを防げなくなってしまうので、注意しなければならないのです。

 

他のページでも説明したのですが、「デンタルナイトプロテクター」といった通販で販売されている製品ですと、「噛み合わせに違和感を感じる」「吐き気が生じる」「息がしづらい」「口を開けると落ちる」という弊害があります。

 

グッズの使用によって眠りが阻害されるケースも多く、装着している意味がなくなってしまうので、万全を期すのであれば歯科医院で自分専用のナイトガードを作ってもらうのが一番かもしれません。

 

基本的にどの歯科医院でも、歯ぎしりによるダメージを防ぐスプリント療法は実施されておりますし、保険が適用されるということで、高い費用を掛けずに作成できるはずです。

 

しかし、ナイトガードで歯ぎしりの発生自体を食い止めるという効果は持ち合わせていないので、歯や顎へのダメージを軽減させるとともに、日常生活の中でストレスを発散するような対策を行う必要があります。

 

歯ぎしりにしても食いしばりしても、精神的なストレスが引き金となって引き起こされていることが多いので、きちんと発散させなければならないというわけです。

 

また、毎日同じナイトガードを使用するのは、衛生面において不安があるので、一度使用したら水や洗浄剤で綺麗に洗い、専用のケースで保管するようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりを治すグッズ」に関するページ