親知らずが原因の歯ぎしり

 

 

親知らずが原因の歯ぎしりについて

親知らずとは、口の中の6番目・7番目・8番目に出てくる歯のことを指し、18歳〜22歳頃に生えてくるという特徴があります。

 

この親知らずが歯ぎしりの直接的な原因になっているというわけではありませんが、歯並びが悪くなることが原因で歯ぎしりの症状が悪化する可能性は十分にあるのです。

 

虫歯を患っていないのにも関わらず、親知らずがあると口の中に痛みや違和感を感じることが多く、歯肉を押し分けて出てくる時に顎の歯に噛まれて傷付くことが大きな原因だと考えられております。

 

親知らずと歯ぎしりに関係性はないものの、歯並びが悪くなって噛み合わせが上手く行われなくなり、その影響で歯ぎしりの症状が悪化するかもしれないので、歯科医院で抜いてもらった方が良いかもしれません。

 

親知らずは絶対に抜かなければならないというわけではなく、上下の歯としっかりと噛み合い、曲がったり歯茎の中に埋もれたりしなければ、そのまま放置していても問題はないのです。

 

しかし、そのような状態になるケースは意外と少なく、歯の周りに汚れが溜まっていたことが原因で細菌に感染して炎症を引き起こし、入院をしないと命に関わることもあり得ます。

 

歯ぎしりが引き起こされているにしても、引き起こされていないにしても、素人では親知らずを抜いた方が良いのか判断することはできないため、症状が悪化しないうちに歯科医院で診察を受けた方が良いでしょう。

 

親知らずが歯茎の中に半分ほど埋まっていたり、斜めに生えていて他の歯を圧迫していたりすると、歯周病を引き起こす原因となり、歯ぎしりが同時に生じていれば更に症状が酷くなりやすいのです。

 

歯並びが乱れる原因で睡眠中の歯ぎしりの症状も悪化しやすいということで、親知らずの抜歯をした方が良いと説明できます。

 

元々虫歯があって抜歯をしたのであれば、そこに自分の親知らずを移植する歯牙移植という治療も受けることが可能で、拒絶反応が引き起こされにくいというメリットがあるのです。

 

横に生えている親知らずを抜歯する水平埋伏智歯という治療を行っているクリニックも多く、健康保険の適用で施術を受けられるので大きな費用が掛かるということはありません。

 

親知らずを抜かなければならないということで、「痛みで耐えられないのでは?」「食べ物が食べられなくなるのでは?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

しかし、治療の前には麻酔を打つので全く痛みを感じないですし、皆さんが想像している以上に簡単な治療なので、怖がらずに受けてみてください。

 

 

 

 


「口内が原因の歯ぎしり」に関するページ