歯ぎしりとソラナックス

 

 

歯ぎしりとソラナックスについて

穏やかな作用が期待できる安定薬で、うつ病といった精神的な病気の治療に用いられているのがソラナックスで、有名な医薬品の一つなのではないでしょうか。

 

このソラナックスを服用したことにより、歯ぎしりのような症状が引き起こされたという方はいらっしゃいます。

 

全ての方が歯ぎしりの症状が悪化するというわけではありませんが、ソラナックスは抗不安薬のマイナートランキライザーに分類され、精神安定剤の一種なので、歯ぎしりや眠気といった副作用が生じるのです。

 

そのため、元々歯ぎしりの症状で悩んでいるという方がこの薬を服用することによって、噛み合わせや食いしばりが悪化する可能性があります。

 

しかし、ソラナックスは不安や緊張を和らげ、うつ病といった精神的な病気はもちろんのこと、身体の不調が全面に現れる心身症のような症状の改善にも適した医薬品なのです。

 

自律神経の乱れによってストレスが溜まり、その影響で歯ぎしりの症状が悪化するというケースは非常に多くなっているため、医師からこの薬が必要だと判断されたのであれば、その指示に従ってソラナックスを服用した方が良いかもしれません。

 

それに、ソラナックスには抗不安作用があり、興奮状態やイライラを鎮めることによって寝つきを良くしてくれるので、歯ぎしりで睡眠が阻害されている方にも適していると説明できます。

 

歯ぎしりは周りで寝ている方に迷惑が掛かるだけではなく、歯や顎にダメージが加わることによって、当人の眠りを阻害させる症状でもあるので、快眠を得たいというのであれば早めに対策を練らなければならないのです。

 

ソラナックスは安全性が高い薬ですし、特に重大な副作用はないものの、医薬品ということには変わりなく、脱力感やふらつき、倦怠感やめまいといった症状が確認されております。

 

専門医の指示に従って歯ぎしりを治すために服用しているのであれば問題はないのですが、素人の判断で服用量を増やすのは危険ですし、万が一のことを考えて車の運転や危険な作業を行う前は飲まないようにしましょう。

 

特に決まった病名がなく、耳鳴りや肩の痛みなど、ありとあらゆる症状が引き起こされる自律神経失調症の症状の改善にも、このページでご説明しているソラナックスが大きな効果を発揮します。

 

自律神経失調症を患っている方もストレスが溜まっている可能性が高く、その影響で歯ぎしりの症状も加速されることが多いため、快適な日常生活を送るためには早急に治さなければならないのです。

 

以上のように、医薬品の服用によって歯ぎしりを抑えられる場合があるので、上手に使い分けるようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりと薬」に関するページ