歯ぎしりとブラキシズム

 

 

歯ぎしりとブラキシズムについて

歯ぎしりは基本的に上下の歯を睡眠中に無意識に噛み合わせるような状態を指し、ブラキシズムとも呼ばれております。

 

もし、起床時や仕事をしている最中などに、顎がだるく感じるようであれば、歯ぎしりが睡眠中に引き起こされている可能性が高いのです。

 

一人暮らしをされている方は、無意識にブラキシズムが生じているため、自分で把握することは難しいものの、身体に何かしらの異変があるのならば、歯ぎしりを疑った方が良いかもしれません。

 

一口に歯ぎしりと言っても、強く歯を擦り合わせるグラインディングや、上下の歯を合わせてカチカチと鳴らすタッピングというように、ブラキシズムには幾つかの種類があります。

 

個人によって引き起こされる症状が異なり、どの種類の歯ぎしりが引き起こされていたとしても、歯や人工歯が欠けたり痛みを感じたりする場合があるのです。

 

睡眠中に自分の力をコントロールするのは困難で、ブラキシズムをしていると歯や顎に予想以上の負荷が加わっているため、これらの弊害が生じると説明できます。

 

歯ぎしりが原因で歯の神経が壊死するという心配はほとんどありませんが、虫歯や歯周病の症状が悪化することは十分にあり得るので、なるべく早めに対策を練った方が良いでしょう。

 

一般的に睡眠時ブラキシズムは、過度のストレスによって引き起こされていることが多く、普段の生活でストレスを解消できず溜め込んでいるという方ほど生じやすくなっております。

 

寝ている時にカチカチと歯を擦り合わせたり鳴らしたりすることでイライラを抑えており、緊張した時や集中した時に貧乏ゆすりをするような状態と非常に酷似しているのです。

 

つまり、そのストレスを緩和させることができれば、歯ぎしりの症状は落ち着いてくるはずなので、自分の趣味に時間を割いたり運動をしたりというように、ストレスを解消するのが良いかもしれません。

 

また、睡眠時ブラキシズムは、噛み合わせが悪いことで引き起こされているとも考えられているので、歯医者を受診して治療を受けなければならない場合もあります。

 

虫歯の治療で詰め物を入れて、その噛み合わせが合っていなければ歯ぎしりが生じる大きな原因となるため、歯科医院の専門医に相談した方が良いというわけです。

 

歯ぎしりによる身体への影響は、皆さんが想像しているよりも遥かに大きく、口内以外のトラブルに発展することも十分にあり得ます。

 

そのため、「ただの歯ぎしり」と甘く見るのではなく、少しでも症状を緩和できるような対策を長期的に行うようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりのメカニズム」に関するページ