歯ぎしりと口呼吸

 

 

歯ぎしりと口呼吸について

人間は空気を鼻から吸って鼻から吐くという行為が普通なのですが、口から吸って口から吐くという口呼吸をしている方は意外と多くいらっしゃいます。

 

舌先が下の歯と接触している方は唇の筋肉が弱く、口呼吸をしている可能性が高いですし、歯ぎしりが癖の方も口呼吸が中心になっているという特徴があるのです。

 

全ての方に該当するわけではないものの、歯ぎしりをする人は口呼吸の習慣があると考えられており、睡眠中に前の歯の部分に舌が離れ、舌根が喉に落ち込んでいびきや無呼吸症候群に陥ることが多くなります。

 

睡眠時無呼吸症候群によっていびきが大きくなって、周りで寝ている人に迷惑が掛かるだけではなく、睡眠中に呼吸が停止して死に至るという可能性も0%ではないので、歯ぎしりには注意しなければならないのです。

 

中には、「鼻で呼吸しても口で呼吸しても特に変わらないのでは?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、私たちは常に何かを意識して呼吸しているわけではありませんし、鼻呼吸でも口呼吸でも生きていければ問題ないと考える気持ちは分かります。

 

しかし、口呼吸の状態を長期的に放置することにより、「歯周病や虫歯が悪化する」「病原菌が体内に入ってアレルギーを引き起こす」「風邪やインフルエンザに掛かりやすくなる」という弊害があるのです。

 

虫歯や歯周病を発生させる大きな原因は細菌やウイルスで、これらの病原体は唾液の作用によって抑えられており、私たちが特に意識をすることなく繁殖を防いでくれております。

 

もし、口呼吸を頻繁に行っていれば、口から喉に空気が大量に入り込むため、唾液の量が少なくなって乾燥し、細菌やウイルスの繁殖を抑えられなくなって歯周病や虫歯の原因になるという仕組みです。

 

このような状態で更に歯ぎしりが引き起こされていては、歯に大きなダメージが加わることが予想され、症状の進行スピードが速まるので十分に注意しなければなりません。

 

また、鼻呼吸を行うメリットは鼻毛や繊毛でウイルスの侵入を食い止めてくれるということで、口呼吸の場合は直接体内にウイルスが入り込んで、病気に掛かりやすくなってしまうのです。

 

そのため、ストレスを解消して歯ぎしりの症状を抑えていくとともに、快適な生活を送るためにも、口呼吸を少しでも改善していく必要があります。

 

無意識に口呼吸をしてしまうのであれば、意識的に鼻呼吸をさせなければならないので、1日に数時間程度ティッシュを口の中に咥えるという方法が最適です。

 

他にも、鼻づまりといった鼻炎症状を患っている方は、鼻で呼吸がしにくく無意識のうちに口呼吸になるかもしれないので、就寝前に鼻の中を洗浄するようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりのメカニズム」に関するページ