歯ぎしりのパターン

 

 

歯ぎしりのパターンについて

精神的なストレスが引き金となって引き起こされやすい歯ぎしりは幾つかのパターンに分けられます。

 

そのパターンによっては生理的な現象では片付けられず、今直ぐに改善しなければならないケースがあるので注意が必要です。

 

歯ぎしりは別名ブラキシズム(口腔内悪習慣)と呼ばれており、長期間に渡って症状が続けば歯にヒビが入ったり、周りの骨を溶かしたりという弊害があります。

 

寝ている時は自分でも想像できないくらいの力が加わっておりますし、歯周病を悪化させるリスク因子でもあるため、歯ぎしりを甘く見てはいけないのです。

 

そこで、睡眠中に引き起こされる歯ぎしりにはどのようなパターンがあるのか、以下を見て確認してみましょう。

 

 

グラインディング:最も多いパターンで上下の歯を擦ってギシギシと大きな音が出る

タッピング:上下の歯をカチカチと鳴らす症状

クレンチング:音はしないものの上下の歯を強く噛み締めるので負担が大きい

 

 

どのようなパターンの歯ぎしりでも歯や顎といった部位には大きな負荷が加わっており、様々な悪影響が身体に引き起こされます。

 

上記でも軽く説明致しましたが、歯の表面が磨り減って知覚過敏が引き起こされたり、顎関節症といった病気を患ったりと想像以上に大きな弊害があるのです。

 

「ただの歯ぎしりだから気にする必要はない」と放置していると、思わぬトラブルが生じるかもしれないので、できる限り早めに対策を行った方が良いかもしれません。

 

もし、下記のチェックポイントに3つ以上当てはまるのであれば、レッドゾーンだと考えられるので病院を受診して対策を練るべきです。

 

 

・歯ぎしりをしているとベッドパートナーから指摘された

・歯医者さんで「歯を噛み締めていませんか?」と聞かれたことがある

・集中している時に無意識に噛み締めてしまう

・事故や怪我意外で歯が割れたことがある

・歯がかなり磨り減っている

・肩こりや頭痛といった症状が酷い

・頬の内側の粘膜や舌周辺に歯の跡が付いている

 

 

このような症状が出たら間違いなく歯ぎしりや噛み締めを行っていると考えられるので、十分に注意した方が良いでしょう。

 

歯ぎしりや食いしばりが怖い理由は自分では気付きにくいという点で、起きている時でも癖で無意識のうちに噛み締めてしまうことがあります。

 

そのため、家族や他人から歯ぎしりを指摘されたら、間違いなく歯や顎といった身体の一部分に負担が加わっていると考えた方が良いのです。

 

どのパターンの歯ぎしりでも日頃からストレスを溜め込まないような生活を送るのが大事だと考えられているので、運動でストレスを発散させ、快適な睡眠を得るために就寝前にリラックスを心掛けてみてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりのメカニズム」に関するページ