歯ぎしりと睡眠の質

 

 

歯ぎしりと睡眠の質について

歯ぎしりやいびきといった睡眠中に引き起こされる現象は、自分では気が付くことなく、無意識のうちに生じているという特徴があります。

 

個人によって引き起こされる歯ぎしりの症状には違いが生じているのですが、どのようなタイプにしても睡眠の質が低下する可能性があるのです。

 

たとえ寝つきが良いとしても、寝ている最中に歯ぎしりが引き起こされていると、睡眠の質は低下し、日中の行動に支障が出るかもしれないので、早めに対策を練らなければなりません。

 

1日や2日程度であれば乗り切れますし、特に日常生活に支障が出ないとしても、長期的に寝不足の状態が続いていると注意力や判断力が鈍り、ストレスを溜め込む大きな原因ともなります。

 

歯ぎしりはストレスによって引き起こされていると考えられているので、できる限り早めに歯ぎしりを抑えるような対策を打ち、睡眠の質を高めていかなければならないのです。

 

それに、睡眠の質が低下し快眠を得られなくなるだけではなく、顎や歯に異常が生じるという健康被害も報告されているので、見逃してはいけない症状だということがお分かり頂けるでしょう。

 

一度でも家族や恋人に歯ぎしりを指摘されたのであれば、ストレスを解消するような対策を練らなければなりませんし、一人暮らしで自分の睡眠中の状態が分からないのであれば、「目覚めた時に歯や顎に痛みがないか?」「歯の噛み合わせ部分が磨り減っていないか?」といったことをチェックしてみてください。

 

このような症状が引き起こされているという方は、歯ぎしりが慢性化しているかもしれないので、睡眠の質を低下させる大きな原因となります。

 

歯ぎしりを放置していると、虫歯や歯周病、知覚過敏といった症状の悪化に繋がるため、十分に注意しなければならないというわけです。

 

もちろん、歯ぎしりを改善しても睡眠の質を低下させないような対策も必要なので、自分の生活習慣を見直すのが非常に大事だと説明できます。

 

そこで、睡眠の質を高めるために、「寝る前にホットミルクを飲む」「ストレッチとマッサージを行う」「アロマを焚いてリラックスする」「半身浴で身体を温める」といった対策を行いましょう。

 

これらのケアを行うことによって、睡眠の質を大きく上げることが可能で、寝付きが早くなるとともに熟眠感を得られるのです。

 

また、寝る前に何か食べ物を食べると、胃や腸が消化活動を行わなければならず、その影響で睡眠の質が下がる可能性が非常に高いので、就寝前は飲み物の摂取だけに留めておくようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりのメカニズム」に関するページ