歯ぎしりと欲求不満

 

 

歯ぎしりと欲求不満について

人間であれば誰しもが生理現象の一つとして睡眠中に歯ぎしりが引き起こされるため、決して病気を患っているわけではありません。

 

しかし、イライラや欲求不満が溜まっている方は精神的ストレスの増幅により、歯ぎしりが引き起こされやすいので注意が必要です。

 

歯ぎしりの原因は完全には解明されておらず、基本的には歯並びの悪さや詰め物高さの不適合が引き金になっているのではないかと考えられております。

 

そのため、精神的なストレスを抱えている人が必ずしも歯ぎしりを引き起こすわけではないものの、欲求不満や心が落ち着かない時は日中でも身体を揺すったり歩き回ったりと、私たちは色々な行動をするはずです。

 

この現象と同じように、日中のストレスを発散させるために、睡眠中に歯ぎしりが生じると考えられており、欲求不満はその原因の一つだと説明できます。

 

寝ている時の症状なので自分自身で「今歯ぎしりしているな」と気付くことはありませんが、家族に「歯ぎしりがうるさいよ」と指摘されたら、欲求不満が溜まっている証拠だと考えるべきです。

 

あまりにも歯ぎしりの頻度が多かったり、時間が長かったりすると、歯茎を退行させて歯を支えている顎の骨に悪影響が生じます。

 

寝ている時は力をセーブすることができず、歯の磨り減りによって知覚過敏といった症状に繋がることがあるので、欲求不満を解消する対策を練った方が良いのではないでしょうか。

 

欲求不満の解消方法は人によって異なるので一概には説明できないものの、自分が何に対して不満を感じているのか探る必要性があります。

 

「彼女ができない・・・」ということにストレスを感じているのであれば、勉強してスキルを上げたり、トレーニングして身体を鍛えたりと、魅力的な男性になるための努力を行うべきです。

 

「仕事が辛い・・・」という不満を抱えているのであれば、ストレスを発散させるために自分の趣味に打ち込んでリフレッシュするのが良いかもしれません。

 

仕事をしてお金を稼ぐのが辛いのは当たり前ですし、人間として生活をしていくためには仕事でお金を稼がなければならないので、現状を嘆いていても何の解決策にも繋がらないのです。

 

仕事以外のことで熱中できるものが見つかれば、ストレスの発散に繋がりますし、モチベーションもアップするのではないでしょうか。

 

以上のように、欲求不満を解消させれば歯ぎしりが自然とおさまるかもしれないので、今の自分にできる対策を始めてみてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりのメカニズム」に関するページ