子供の歯ぎしりの原因

 

 

子供の歯ぎしりの原因について

子供の横で寝ていると、ギリギリと歯を擦り合わせるような音が聞こえ、毎晩のように歯ぎしりをしているということで不安になった親御さんはいらっしゃるはずです。

 

そこで、どのような原因で子供が歯ぎしりをしてしまうのか、このページでしっかりとチェックしてみてください。


噛み合わせのバランスを調節している

子供の歯ぎしりを見て、「何かストレスが溜まっているのではないか?」「歯が削れないのか?」「重大な病気を患っているのではないか?」と不安になる親御さんは多いはずです。

 

しかし、基本的に子供の歯ぎしりの原因は、噛み合わせのバランスを調節しているだけなので、神経質になる必要は全くありません。

 

人間は最初は空気を吸うという行為から始まり、物を食べるために噛むという動きをするようになります。

 

その際には、下顎と頭蓋骨は常に安定した位置を見つけなければならず、子供が成長すると顎が大きくなり、乳歯に隙間が生じるようになるため、噛み合わせをコントロールしなければならないのです。

 

つまり、子供の歯ぎしりの原因は、成長過程に伴った噛み合わせの調節なので、ストレスが溜まっているわけではなければ、病気を患っているわけではないと説明できます。

 

実際に、10歳までの子供の約4割が寝ている時に歯ぎしりをしているというデータがあり、この時期に乳歯が抜けて永久歯が生え揃うようになるのです。

 

この時期に引き起こされる歯ぎしりは必要がないどころか、正常に成長している証拠なので、特別な対策を行う必要はなく、そのまま子供の成長を見守ってあげましょう。


環境の変化を中心としたストレス

子供が成長するに当たって食べ物を食べていかなければならず、そのためには顎の筋肉を発達させる必要があります。

 

幼児の歯ぎしりは、その力を育むために欠かせない行為の一つなので、歯ぎしりをしていない子供は逆に心配なのです。

 

このような正常な反応であればまだしも、子供でも環境の変化といったストレスを溜め込むことがあり、それが原因で歯ぎしりが発生していることもあるので注意しなければなりません。

 

特に、保育園や幼稚園への入学時に生じやすいという特徴があり、親から切り離されてしまったり、下の子が生まれて自分に構ってもらえなかったりと、寂しいという感情になると歯ぎしりが引き起こされる原因となります。

 

基本的に永久歯が生え揃う頃には、自然な現象として生じる歯ぎしりはだんだんとなくなってくるのですが、それ以降も睡眠中の歯ぎしりが酷いという子供は、ストレスを抱えているかもしれないので、親が適切な対処をしなければならないというわけです。

 

もし、子供の歯ぎしりの力が異様に強く、歯が擦り減っていたり、割れたりしているのであれば、そのまま放置せずに小児歯科を受診して症状を診てもらってください。

 

 

 

 


「歯ぎしりと年齢」に関するページ