大人の歯ぎしりの原因

 

 

大人の歯ぎしりの原因について

子供の場合、成長過程において歯ぎしりが引き起こされることはあるのですが、大人の場合は身体に何かしらの異常があると考えた方が良いです。

 

まだ完全に解明されたという現象ではないので、一概には説明できないものの、大人の歯ぎしりの原因は性格や身の回りの環境となっております。

 

大人になっていくにつれて学校や社会での制限を受けるようになり、人間関係のトラブルも合わさってストレスを抱えている方は非常に多いのです。

 

このストレスを毎日の生活で上手く発散できていないことが原因で、寝ている最中の歯ぎしりとして現れると説明できます。

 

意外にも、大人の歯ぎしりの原因は心理的要素が絡んでいることが多く、ストレスや不安はその最たるものなので、毎日の生活で上手く発散させていかなければなりません。

 

「自分はストレスを全く抱えていない」と思っていても、実は知らず知らずの間に溜まっているのがストレスで、身体に大きな悪影響を引き起こすのです。

 

大人の歯ぎしりの原因になるだけではなく、精神的な負荷が大きくなればうつ病といった病気に発展しますし、吐き気や頭痛といった身体的な症状となって現れる場合もあります。

 

そのため、健康的で快適な生活を送っていくためにはストレスは不要なので、自分の趣味やスポーツなどを行ってリフレッシュしなければならないのです。

 

「負けず嫌いである」「完璧主義者である」「競争心が高い」「人に対して攻撃的」「常に時間に追われている」という方はストレスを溜め込みやすく、歯ぎしりも発生しやすいので注意しましょう。

 

また、無意識のうちに抑えられている怒りや、医薬品の副作用が原因で歯ぎしりが発生することもあり、様々な原因が引き金になっていると説明できます。

 

何かに対する怒りはどうしようもないのですが、薬の副作用が原因で歯ぎしりの症状が酷くなっているのであれば、その状態を医師の方に伝えるべきです。

 

もちろん、病気を治すために薬を服用しているのであって、その病気を治すことができたのであれば医薬品を服用する必要はないので、だんだんと歯ぎしりの症状は落ち着いてくるかもしれません。

 

以上のように、大人の場合は様々な原因で歯ぎしりが引き起こされるのですが、どのような症状であっても放置するのは危険なので、早めに対策を練る必要があります。

 

寝ている最中の歯ぎしりは、無意識のうちに歯や顎に大きな負荷が加わっており、歯が削れるといったトラブルも引き起こされる可能性があるので、十分に注意してください。

 

 

 

 


「歯ぎしりと年齢」に関するページ