ストレスが原因の歯ぎしり

 

 

ストレスが原因の歯ぎしりについて

ストレスが原因で歯ぎしりが引き起こされるのは決して不思議ではなく、多くのケースがストレスと深く関わっているのです。

 

歯ぎしりの原因は未だにはっきりとは解明されていないものの、強い不安やストレスを抱えているという方は、それを発散させようと睡眠中に歯ぎしりを引き起こすことが多くなっております。

 

イライラして落ち着かなくなると貧乏ゆすりをしてしまうように、精神的な負荷が加わることによって、無意識のうちに歯をギリギリとしてしまうわけです。

 

「歯ぎしりはクセだから仕方ない」と考えている方はいらっしゃいますが、生理現象の一つとして片付けるほど甘い問題ではありません。

 

歯ぎしりが引き起こされた状態を長期的に維持していることによって、歯のエナメル質が削られて知覚過敏が引き起こされます。

 

知覚過敏は冷たい飲み物などを飲んだ時に歯がしみるような症状で、他にも歯周病や虫歯といった歯の病気を悪化させる大きな原因となるのです。

 

顎関節症や頭痛といった不快な症状の原因にもなると考えられているため、歯ぎしりが酷いという方は、ストレスを和らげるような対策を練る必要があります。

 

実際に、歯ぎしりが激しいという方は、軽い方よりもストレス度が高いという調査結果が出ており、私たちの身体に様々な異常を引き起こすことから、他の病気を予防するためにも上手く発散させた方が良いでしょう。

 

人間関係のもつれや職場でのパワハラなど、私たちは普段の生活でストレスを抱え込むことは多く、全く受けないという人はこの世に存在しないのです。

 

ストレスが加わること自体は何も異常はありませんが、それを発散できずに溜め込むことに問題があるので、歯ぎしりの原因を少しでも解消するためにも、ストレスを上手く回避していく必要があります。

 

「眠れない日が多い」「脱力感を感じやすい」「人間関係が上手くいっていない」「憂鬱な気分から抜け出せない」「疲労が溜まっている」「些細なことでイライラする」「緊張や焦りを感じることが多い」「集中力が以前よりも落ちた」という方は、ストレスが溜まっているかもしれません。

 

幾つもの項目にチェックが付くという方は、確実にストレスが溜まっていると説明できますし、放置していると歯ぎしりの症状を悪化させる原因となるので、日常生活の見直しを行って解消していかなければならないのです。

 

そこで、「アロマを焚いてリラックスする」「ウォーキングをして身体を動かす」「自分の趣味に時間を割く」「半身浴をして汗をかく」という対策を行い、ストレスを発散させてみてください。

 

ストレスと上手く付き合っていくことで、歯ぎしりを予防できるだけではなく、その他の不快な症状の予防に繋がることは間違いないです。

 

 

 

 


「日常生活が原因の歯ぎしり」に関するページ