睡眠中の歯ぎしりの原因

 

 

睡眠中の歯ぎしりの原因について

基本的に歯ぎしりは睡眠中に引き起こされやすいと考えられており、様々な原因によって生じるので一概には説明できません。

 

以前は歯の噛み合わせが悪いことが原因で歯ぎしりの症状が悪化していると考えられていたものの、現在ではストレスが深く関わっていることが分かっております。

 

精神的なストレスを溜め込んでいるという方は、それを上手く発散できていないと、無意識の内に睡眠中に歯ぎしりとして発散させるというわけです。

 

イライラした時の貧乏ゆすりと同じように、睡眠中に歯ぎしりをしてしまうのは不思議ではないですし、自分では気が付きにくいという特徴があります。

 

もし、誰かに自分の歯ぎしりのことについて指摘されたのであれば、睡眠を妨げられている可能性が非常に高いので、原因を突き止めて直ぐに改善した方が良いでしょう。

 

歯ぎしりもいびきや睡眠時無呼吸症候群といったように、睡眠障害の一つだと考えられており、良質な睡眠をとることができていないと、身体には不快な症状が引き起こされやすくなります。

 

頭痛や食欲減退、疲労感の高まりや落ち込みやすくなるというように、睡眠不足によって肉体的にも精神的にもダメージが加わることが多いので、歯ぎしりの原因についてきちんと解明しなければならないということがお分かり頂けるはずです。

 

寝不足の状態が長期的に続いていると、集中力が判断力が鈍って仕事でのケアレスミスが多くなりますし、脳の栄養が不足して正しい指令を出すことができなくなります。

 

睡眠不足が原因で疲れを回復させることができず、その影響で歯ぎしりの症状も同時に悪化しているというケースは少なくないので、放置してはいけないというわけです。

 

歯ぎしりは自分が想像している以上に歯や顎に強い力が加わっており、顎関節症や歯の擦り減りの大きな原因となり、一緒に住んでいる方がいるのならば、他の人の睡眠を妨げる大きな原因ともなります。

 

歯ぎしりの根本的な原因は分かっていないため、これといった治療法がないというのは事実ですが、ストレスが深く関わっているので、就寝前にリラックスを心掛けた方が良いかもしれません。

 

寝る前に緊張した状態を維持していると、快適な睡眠を得られなくなるので、好きな香りのアロマを焚いたり、ストレッチをしたりと、精神的にリラックスをするのが適しております。

 

また、アルコールやタバコが歯ぎしりの原因になっているとも考えられておりますし、特に過度の喫煙は健康を阻害する大きな原因となるため、できる限り量を控えるようにしてください。

 

 

 

 


「日常生活が原因の歯ぎしり」に関するページ