疲れが原因の歯ぎしり

 

 

疲れが原因の歯ぎしりについて

歯ぎしりは噛み合わせの変化といった成長に関する問題だけではなく、心身の疲れや精神的なストレスが原因となって生じる場合があります。

 

乳幼児の歯ぎしりは成長の過程に伴って誰でも引き起こされるものですし、親御さんは不安になるかもしれませんが、そのまま赤ちゃんを見守るだけで十分なのです。

 

しかし、大人になってから睡眠中の歯ぎしりが酷くなったというのであれば、肉体的な疲れや精神的なストレスが原因かもしれないので、自分の生活を今一度見直した方が良いでしょう。

 

疲れやストレスは、身体の色々な部位とリンクしており、頭痛や腹痛といったように様々な症状の原因となり、身体や心のバランスを崩す結果となります。

 

そのため、疲れが原因で歯ぎしりが酷くなっているのであれば、その疲れを回復させるためにゆっくりと休息を取るように心掛けなければならないのです。

 

仕事に追われるような生活を送っているという方は、自分では大丈夫と考えていたとしても、知らず知らずのうちに疲れは蓄積しております。

 

それをきちんと回復できていないような状態では、本来のパフォーマンスを発揮することができず、ケアレスミスを呼び起こす原因になるかもしれません。

 

ゆっくりと眠る時間を作るだけではなく、半身浴や岩盤浴でリラックスしたり、身体を適度に動かしたりしてストレスを解消することも、歯ぎしりの改善には必要なことだと説明できます。

 

また、「寝ても疲れが取れない」「目の疲れは酷い」「日中の集中力が落ちている」という方は、歯ぎしりが原因で睡眠が妨害されており、その影響で疲れを回復させることができないのです。

 

歯ぎしりは一緒に寝ている人に迷惑が掛かるだけではなく、自分の睡眠を阻害する原因ともなるので、身体全体に悪影響を引き起こしてしまいます。

 

「歯が磨り減って知覚過敏が生じる」「肩こりや顎関節症に悩まされる」「偏頭痛が酷い」といった症状が、歯ぎしりと大きく関係しているのです。

 

日常生活に支障を来たすことも十分にあるので、睡眠時間をきちんと確保しているのにも関わらず疲れが取れないという方は、歯ぎしりを疑った方が良いでしょう。

 

歯ぎしりが改善されて快眠を得られるようになったという方は多いですし、就寝の1時間前に軽く身体を動かしたり、ストレッチを行ったりすれば今よりも更に眠りの質を向上させられるはずです。

 

病院で治療を施さないとしても、歯ぎしりの症状を抑えることは決して不可能ではないので、できる限りの努力を行うようにしてください。

 

 

 

 


「日常生活が原因の歯ぎしり」に関するページ