運動不足が原因の歯ぎしり

 

 

運動不足が原因で歯ぎしりは起こる?

「あまり関係性はないのでは?」と考える方は多いかもしれませんが、実は運動不足は歯ぎしりの原因となります。

 

現代人は交通機関の発達やデスクワークの増加により、運動不足で悩まされる方は多くなりました。

 

若い頃は部活動へと勤しんでいたとしても、「そういえば最近は全く運動していないな・・・」と感じている方は多いのではないでしょうか。

 

そこで、なぜ運動不足が歯ぎしりの原因に繋がるのかメカニズムをまとめてみました。

 

@私たち人間は運動したり趣味に没頭したりしてストレスを発散する

A運動不足の期間があまりにも長く続いているとストレスを感じる

B日々の心理的ストレスを発散するために睡眠中に悪影響が生じる

Cその一つが歯ぎしりで回数や時間が長くなる

 

上記のように、運動不足の人はストレスを抱えているケースが多く、間接的に歯ぎしりの原因に繋がっていると考えられます。

 

貧乏ゆすりと同じように無意識のうちに歯をギリギリと噛み合わせてしまうケースが多く、日常生活でイライラしやすい人は十分に注意しなければなりません。

 

「中枢性のストレスに対する生体の防御反応で歯ぎしりは発生する」と解明されており、運動不足を解消するのは症状の克服方法の一つです。


運動不足を解消して歯ぎしりを予防しよう

歯ぎしりは何もストレスだけではなく、「歯並びの悪さ」「日中に食いしばる癖」「過剰な喫煙や飲酒」といった原因で引き起こされます。

 

そのため、運動不足を解消したからといって必ずしも歯ぎしりの症状が良くなるとは限りません。

 

それでも、意識的に運動をするのは健康やダイエットでは欠かせませんし、血行が良くなったり新陳代謝が促されたりするのは身体にとって良い影響がたくさんあるのです。

 

どんな運動をすれば良いのか分からない人にはウォーキングをおすすめします。

 

・いつでもどこでも場所を選ばずに取り組むことができる

・シューズやスニーカーを購入するだけで良いのでお金がかからない

・身体に大きな負担が加わらず自分のペースで歩ける

・普段はバスを使うところを代わりに歩けば良い

 

有酸素運動の代表格とも言えるウォーキングにはこのようなメリットがあり、老若男女誰でも気軽に取り組めるのです。

 

身体が弱い人でも始められるので、ストレスが原因による歯ぎしりで悩んでいる方はウォーキングを1日20分間以上行って運動不足を解消してみてください。

 

 

 

 


「日常生活が原因の歯ぎしり」に関するページ