歯ぎしりと歯痛

 

 

歯ぎしりと歯痛について

虫歯や歯周病を患っていないのにも関わらず歯痛が酷いという方は、歯ぎしりが原因の可能性があります。

 

歯ぎしりは歯と歯を強く擦り合わせる症状の一つとなっており、個人によって生じる症状には違いがあるものの、基本的には強い圧力が歯に加わるのです。

 

そのため、歯が強い力で接触することによって、少しずつダメージを受けて歯痛が生じるという仕組みになっております。

 

起きている時に食べ物を咀嚼している時とは大きく異なり、睡眠中の歯ぎしりは自分で力をセーブすることができないので、想像している以上に大きな力が加わるというケースも少なくありません。

 

それほど強い痛みではないということで放置している方はいらっしゃるのですが、歯ぎしりを治さなければダメージはどんどん蓄積されていきますし、日常生活に支障が出るほどの歯痛が生じることもあるので、早めに対策を打たなければならないのです。

 

歯ぎしりによる歯の接触を避けたいというのであれば、歯科医院でマウスピースを作ってもらうのが最適な手段で、寝ている時に装着することによってダメージをある程度軽減させることができます。

 

歯ぎしり自体をなくしたいというのであれば、ストレスが起因となって発症していることが多いので、普段の生活でリフレッシュを心掛けた方が良いでしょう。

 

冷たい飲み物を飲んだ時に歯がしみる知覚過敏だけではなく、上下の歯が接触した際の衝撃によって激痛が走ることもあり、歯痛が原因で眠りが阻害されて睡眠障害を患うことも十分にあり得ます。

 

頭痛や腹痛といった症状以上に、歯痛は耐え難いものがあるので、歯ぎしりが原因であれば、その歯ぎしりがなるべく引き起こされないような対策を練らなければならないというわけです。

 

もちろん、虫歯を長期間に渡って放置していたり、歯髄炎や歯槽膿瘍といった歯の根っこの病気を患っていると、だんだんと症状が進行して歯痛が激しくなっていくという特徴があります。

 

歯の痛みは一時的なものが多く、少し我慢をすれば自然に引いていることが多いのですが、虫歯は自然に治るということは絶対にありません。

 

歯の痛みが和らいだということで、「唾液で虫歯が治ったのでは」「歯医者に行く必要はないのでは」と考える方が多くいらっしゃいます。

 

しかし、細菌感染が加速して膿ができる場合もあり、症状が進行すればするほど治療が困難になっていくので、歯痛が引き起こされた段階で歯科医院を受診して適切な治療を受けなければならないのです。

 

歯の痛みから全身的な疾患に繋がるというケースもゼロではないので、面倒くさがらずに歯の健康を損なわないためにも、早めに歯医者さんを訪れるようにしてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりと関係のある症状」に関するページ