歯ぎしりと顔の歪み

 

 

歯ぎしりと顔の歪みについて

男性でも女性でも、見た目の美しさを気にしている方は多いですし、他の人に悪印象を与えないように、どのような容姿になれば好印象を与えられるのか外見のケアを行っているはずです。

 

あまり他人に良くない印象を与える状態の一つが顔の歪みで、50歳60歳と年齢を重ねるにつれて顔の感じは変わっていくものの、歯ぎしりがその変化を加速させている場合があります。

 

片噛みの癖があるという方は顔の歪みだけではなく、身体全体の歪みに繋がることが多いですし、噛み締めるタイプの歯ぎしりが慢性的に引き起こされているという方は、想像以上に顔面の血行を悪化させているのです。

 

顔の血流が悪くなれば美容に必要な栄養素も運ばれにくくなり、長期間をかけて結果的に顔の歪みに繋がることが多いので、歯ぎしりを甘く見てはいけません。

 

歯ぎしりは歯周病の症状を悪化させたり、知覚過敏といった症状を加速させるだけではなく、顔の歪みにも繋がる可能性があるということで、誰かに指摘された場合は早めに対策を練らなければならないのです。

 

基本的に歯ぎしりは寝ている間に無意識に引き起こされる症状なので、自分で気が付くというケースは少ないですし、一緒に寝ているベッドパートナーに指摘されるのが一般的となっております。

 

歯ぎしりによって顔の歪みが生じると、見た目のイメージが悪化するだけではなく、筋肉のバランスが悪くなって血液やリンパの流れが滞り、むくみやたるみを引き起こしやすくなるのです。

 

シミやシワといった肌トラブルも加速されることが多く、老化現象を早めることは間違いないので、普段からストレスを発散させるように心掛けて歯ぎしりを予防した方が良いでしょう。

 

また、「寝る時に同じ方をいつも下にしている」「食べ物を食べる時に同じ側ばかりで噛むクセがある」「頬杖をつくことが多い」という方は、顔の歪みが引き起こされやすくなっております。

 

短期間であれば特に異常はないものの、普段からの何気ない癖が長期間に渡って続くことにより、美容を損なう大きな原因となるので、自分の生活習慣を今一度見直さなければならないというわけです。

 

歯ぎしりも普段の生活習慣が大きく関係しており、精神的なストレスだけではなく、起きている時に何気なく歯を食いしばることが多い方は、睡眠中にも同じ症状が引き起こされやすいので、十分に注意してください。

 

 

 

 


「歯ぎしりと関係のある症状」に関するページ