無意識の歯ぎしり

 

 

無意識の歯ぎしりについて

歯ぎしりは基本的に睡眠中に引き起こされる症状の一つとなっており、無意識に生じるため、自分では気が付くことはないです。

 

カチカチと歯を鳴らしたり、ギリギリと擦り合わせたりと、様々な症状が引き起こされますが、自分の歯ぎしりが煩くて起きるというケースは非常に少なくなっております。

 

無意識に引き起こされることが多いため、自分の症状に気が付くのが遅くなり、身体に大きな負担が掛かりやすいので、十分に注意しなければなりません。

 

歯ぎしりを軽視しているという方は意外と多いものの、放置していると歯が摩耗したり表面にヒビが入ったりと、歯周組織が破壊される大きな原因となります。

 

起きている時に生じる歯ぎしりとは大きく異なり、無意識の歯ぎしりは自分でも想像できないほど大きな力が加わっているため、身体に様々な悪影響が引き起こされるという仕組みです。

 

「無意識に引き起こされる歯ぎしりは改善のしようがないのでは?」という疑問を抱える方はいらっしゃいますが、少しでも症状を抑えることは可能となっております。

 

現段階で即効性のある治療方法は解明されていないものの、ストレスが引き金となって生じていることが多いため、そのストレスを発散させれば良いのです。

 

仕事でもプライベートでも、ストレスを抱え込んでいるという方は非常に多く、そのイライラを解消させるために無意識のうちに歯ぎしりが引き起こされていると考えられております。

 

知らず知らずのうちに溜まってしまうのが歯ぎしりなので、普段の生活で意識的にストレスを発散させ、リフレッシュを心掛けるのがベストな対策だと言えるのではないでしょうか。

 

歯科医院では歯や顎へのダメージを軽減させるマウスピースによる治療が行われており、自分の歯型に合ったものを作成し、寝ている時に装着することによって、歯と歯を擦り合わせる症状を軽減できます。

 

しかし、無意識に生じる歯ぎしり自体を和らげることはできないので、ストレスが溜まっていては全く意味がないというわけです。

 

誰かに歯ぎしりを指摘された方はもちろんのこと、「負けず嫌いで競争心が激しい」「神経質で自分の意見を人に言えない」「多忙で時間に追われている」という方はストレスを溜め込みやすいので、睡眠中に歯ぎしりが引き起こされやすくなっております。

 

自分の性格を直ぐに変えるというのは困難ですが、毎日の生活でリフレッシュをきちんと心掛けていれば、症状の悪化を食い止めることができるはずです。

 

ストレスを溜め込み過ぎると、うつ病や自律神経失調症といった精神的な病にも発展しやすいので、十分に注意してください。

 

 

 

 


「歯ぎしりの種類」に関するページ