歯ぎしりする人の特徴

 

 

歯ぎしりする人の特徴について

「歯ぎしりする人の特徴について教えて」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

寝ている時にガリガリやギリギリという音を立てる歯ぎしりは、健康的な人でも引き起こされる可能性があるので、特別な特徴があるというわけではありません。

 

しかし、歯ぎしりは日常生活のストレスによって引き起こされている可能性が高いと考えられており、ストレスが溜まっている人が生じやすいという特徴があるのは事実です。

 

つまり、「仕事で忙しい生活が続いている」「プライベートでの人間関係が上手くいっていない」「競争心が激しい」「神経質である」「完璧主義である」という方はストレスを溜めやすいため、歯ぎしりする人の特徴だと説明できます。

 

このようなストレスが続くことにより、心の弱い部分が壊れて精神的な病気を患うこともあるので、早めに解消するようにした方が良いでしょう。

 

自分では気が付かないところでストレスが溜まっているということが多いので、意識的にリフレッシュを心掛けなければならないというわけです。

 

私たち人間には、生きていくに当たって正のストレスと負のストレスを感じており、前者の場合は身体に悪影響が生じるということはありませんし、特に弊害はないと説明できます。

 

しかし、後者のストレスをあまりにも溜め込みすぎると、それが負担となって様々な症状を呼び起こす原因となるので、毎日の生活できちんと発散させなければならないというわけです。

 

歯ぎしりを放置していると、歯の表面のエナメル質が磨り減って知覚過敏になったり、顎に大きなダメージが加わって顎関節症といった病気になったりという特徴があるので、十分に注意しなければなりません。

 

誰かに歯ぎしりを指摘された時はもちろんのこと、セルフチェックを行って睡眠中に歯ぎしりが引き起こされているかどうか確かめる必要があります。

 

起床時に口の中が強張っていたり、歯と歯茎の境目が削れていたりという症状の方は、歯ぎしりによって口内にダメージが加わっていることが多いので、対策を行っていかなければならないというわけです。

 

こういった性格以外にも、無意識の中で引き起こされている怒りや不安といった普段は抑え込まれている感情も、歯ぎしりが生じる原因になることがあるので、心の中の問題と上手く向き合っていくことが大切なのではないでしょうか。

 

現代人はストレスを溜め込みやすいという特徴がありますし、うつ病を中心とした精神的な病に悩まされるというケースは少なくないので、不安な方は心療内科や精神科で診察を受けてみてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりの種類」に関するページ