歯ぎしりとブリッジ

 

 

歯ぎしりとブリッジについて

ブリッジとは歯科医院で行われている治療方法の一つとなっており、歯が何かしらの理由で抜けた場合に、両隣の歯を削って土台を構成し、橋渡しをするように欠損部分を回復していきます。

 

歯がなくなった所に入れ歯やブリッジといった処置を施さないでいると噛み合わせが悪くなり、歯ぎしりが引き起こされる原因となるので注意しなければならないのです。

 

睡眠中に引き起こされる歯ぎしりを放置しておくと、思わぬ力が加わって歯周組織に大きなダメージが生じてしまうため、歯がなくなった部分をそのままにしておくのではなく、ブリッジを行った方が良いでしょう。

 

この治療は、ほぼ全ての歯科医院で行われている最もポピュラーな方法で、インプラントとは異なり保険が適用されるので、安い費用で施術を受けることが可能となっております。

 

前から3番目以降の歯にブリッジを施す場合、白い歯ではなく金属の歯になってしまうというデメリットがあるものの、見た目や機能的には良好なので、歯科医院でこの施術を行う方は多いのです。

 

歯並びが悪いことによって歯ぎしりの症状は悪化しやすく、歯が擦れて大きなダメージが引き起こされるかもしれないので、早めに施術を受けた方が良いかもしれません。

 

歯科医院で直ぐに治療できるというわけではなく、歯型を取ったりブリッジを作ったりと、何回かに渡って通院しなければなりませんが、今後のことを考えるのであれば早めに治療を受けた方が良いのです。

 

また、「歯ぎしりをしているとブリッジが磨り減ってしまうのでは?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

確かに、歯と同じように硬質レジン前装冠や金属で構成されたブリッジも、歯ぎしりでダメージを受ける可能性が高く、経年劣化を免れることはできないでしょう。

 

歯ぎしりがその経年劣化のスピードを速めるという可能性は十分にあるので、歯ぎしりの症状自体を抑えるという対策が必要となります。

 

もし、噛み合わせを良くしても、歯ぎしりの症状が改善されないというのであれば、精神的なストレスが引き金になっていることが多いので、そのストレスを上手く発散させなければならないのです。

 

人間関係や仕事によるストレスなど、知らず知らずのうちに精神的な負荷が加わっていることは十分にあり得るので、ストレスを感じたとしても、それを毎日の生活で上手に発散させるのが重要だと説明できます。

 

ウォーキングやジョギングといったスポーツを行ったり、アロマオイルや半身浴を利用したりと、自分に合った方法を毎日の生活に取り入れることによって、少しずつリフレッシュできるはずです。

 

歯並びや噛み合わせなどに異常が生じていないのであれば、ストレスが原因で歯ぎしりが引き起こされていると考えるのが普通なので、毎日の生活で発散できるように心掛けてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりの予防」に関するページ