マウスピースによる歯ぎしりの対策

 

 

マウスピースによる歯ぎしりの対策について

歯ぎしりの対策の一つとしてマウスピースの使用が挙げられ、歯科医師の中にはこの方法を推奨している方がいらっしゃいます。

 

マウスピースとは、ボクシングといった激しい格闘技を行う際に、外傷を予防するためのグッズとなっており、これを寝ている時に装着するのです。

 

そうすることによって、歯ぎしりによって歯や顎に加わるダメージをマウスピースが吸収してくれるため、歯周組織の破壊といった症状が引き起こされずに済みます。

 

自宅で簡単に歯ぎしりの対策が行えるというところも、マウスピースの大きなメリットかもしれません。

 

私たちが毎日の食事の際に歯に掛かる力は3kg〜10kg程度だと言われておりますが、歯ぎしりの場合はその数十倍の力が加わっているのです。

 

これは、寝ている時に力をセーブすることができないというのが大きな原因で、顎関節症といった外傷を伴う可能性も十分にあり得ます。

 

このような病気を患わないように、就寝前にマウスピースを装着して対策を行っていれば、歯の擦り減りや顎へのダメージを防げるという仕組みです。

 

この歯ぎしりの対策は、歯科医院ではマウスピース治療やナイトガード治療と呼ばれており、柔らかい素材で作られているので、歯ぎしりの力を緩和させることができます。

 

しかも、歯科医院で施術を行えば、患者さんの歯型を取って個人に合ったマウスピースを作成してくれるので、寝ている時に違和感を感じることはなく、ストレスが溜まることもないでしょう。

 

クリニックによっては、自分専用のマウスピースが出来上がるまでに1週間程度の期間が掛かる場合もありますが、一度作成してもらえば直ぐに使えなくなるほど脆くなることはありませんし、簡単に自宅で歯ぎしりの対策が行えるのです。

 

睡眠中の歯ぎしりや食いしばりといった行為で頭痛や肩こりを引き起こすことも多く、自律神経のバランスが崩れて他の病気の引き金になることもあるので、マウスピースの使用は実に適しております。

 

もし、歯科医院を受診してマウスピースを作ってもらう時間が作れないというのであれば、市販で販売されている「歯ぎしりマウスガードR」や「ドクターズナイトガード アドバンス」といったグッズの購入も良いかもしれません。

 

自分の口のサイズに合わないという可能性もあるので、十分に注意しなければならないものの、通販で販売されているグッズは非常に安いですし、直ぐにでも装着して歯ぎしりの対策を行っていくことができます。

 

しかも、「歯ぎしりマウスガードR」は、日中に装着して噛むトレーニングを行うことにより、顎の筋肉を強化したり、フェイスラインを引き締めたりと、美容効果を得ることもできるのです。

 

口内の細菌をやっつけてくれる唾液の分泌も同時に促されるため、口臭で悩まされているという方もマウスピースを使用するのが良いでしょう。

 

このように、マウスピースは歯ぎしりの対策として優れた方法の一つなのですが、歯の擦り減りを予防できる一方で、歯ぎしり自体を改善することはできないのです。

 

睡眠中の歯ぎしり自体を対策したいというのであれば、精神的なストレスや肉体的な疲れが溜まらないように、普段の生活をしっかりと見直してみてください。

 

 

 

 


「歯ぎしりの予防」に関するページ