歯ぎしりとセロトニン

 

 

歯ぎしりとセロトニンについて

ノルアドレナリンやドーパミンと同じ神経伝達物質の一つがセロトニンで、「幸せホルモン」と呼ばれており、人間の精神面に大きな影響を与えております。

 

幸福感や精神の安定、心の安らぎなどと関係している物質なので「幸せホルモン」とセロトニンは呼ばれており、この分泌が不足するとうつ病や自律神経失調症、不眠症といった精神疾患を患いやすくなるのです。

 

一概には説明できないものの、睡眠中の歯ぎしりが酷いという方は、もしかしたらセロトニンが不足していることが原因かもしれません。

 

歯の詰め物による噛み合わせに問題が生じており、歯ぎしりが酷くなるケースは多いものの、もう一つ大きく関係しているのが精神的なストレスです。

 

お仕事や人間関係でストレスを抱えている人ほど、睡眠中に無意識の間に発散させるために歯ぎしりの症状が悪化しやすくなります。

 

つまり、「精神的なストレスを抱える」⇒「セロトニンが不足する」⇒「軽いうつ状態に陥る」⇒「歯ぎしりの症状が酷くなる」という仕組みです。

 

歯ぎしりをしているだけでただでさえ睡眠の質は低下しやすく、尚且つセロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンの合成に欠かせない物質で、メラトニンが不足すれば「寝付きが悪い」「良く眠れない」「睡眠の質が低下する」という悪循環に陥りやすくなります。

 

歯ぎしりが続いているということは精神的に負担を抱えていると考えられますし、セロトニン不足の状態が続いていれば本格的にうつ病を発症してしまうかもしれません。

 

「精神的なストレス」⇒「歯ぎしりやメラトニン不足による睡眠不足」⇒「睡眠障害」⇒「自律神経の乱れ」⇒「疲れが溜まることによるストレス」と負のスパイラルに陥り、自分一人の力では解決しにくくなるのです。

 

そこで、歯ぎしりを解消するためにも、精神的なストレスを発散させてセロトニン不足を補う対策を行ってみてはいかがでしょうか。

 

セロトニンの分泌によって気分が解れて程よい緊張感が生まれ、やる気や元気に満ち溢れた状態になります。

 

セロトニンを増やす対策としては以下がおすすめです。

 

 

・体内で合成できない必須アミノ酸のトリプトファンが含まれた食べ物を食べる(レバー・ロース・すじこ・パスタ・ナチュラルチーズ)

・起床した後にベランダへと出て朝日を浴びる

・一定のリズムを刻む腹式呼吸を行う

・泣いたり笑ったりと感情表現を豊かにする

 

 

普通に生活を送っていれば特に問題はないものの、あまりにもセロトニンの量を増やしすぎると、セロトニン症候群に陥って頭痛やめまいといった症状に悩まされやすいので注意が必要です。

 

セロトニンが含まれた食べ物を過剰摂取したり、サプリメントを飲みすぎたりという対策は逆効果なので注意してください。

 

 

 

 


「歯ぎしりの予防」に関するページ